「空気」の研究 山本七平 ☆☆☆☆☆☆

日本の道徳=差別の道徳。
⇒日本の道徳は、現に自分が行っていることの規範を言葉にすることを禁じており、それを口にすれば、たとえそれが事実でも、「口にしたということが不道徳行為」とみなされる。したがってそれを絶対に口にしてはいけない。というのが日本の道徳。
 
第二次世界大戦、明らかに負けるとわかっていても、そんなことを言える「空気」ではなかった。
「~せざるを得なかった。」という言葉。→強制⇒空気に強制されたのなら、空気の責任はだれも追及できない。
 
議論における言葉の交換それ自体が一種の「空気」を醸成していき、最終的にはその「空気」が決断の基準になることが多い。
 
物質から何等かの心理的・宗教的影響を受ける。言い換えれば物質の背後に何かが臨在していると感じ、知らず知らずのうちにその何かの影響を受けるという状態。
 
一体なぜ我々は物質・物体に何らかの臨在感を感じ、それに支配されるのか。それを究明して「空気の支配」を断ち切ることの方がむしろ科学的。
 
臨在感的把握
…物質から何らかの心理的・宗教的影響を受ける。言い換えれば物質の背後に何かが臨在していると感じ、知らず知らずのうちにその何かの影響を受けるという状態。
 
 
イスラムユダヤ、キリスト強的考え方。
「物質はあくまで物質であって、その物質の背後に何かが臨在すると感じてこれから影響を受けたり、それに応対したり、拝礼したりすることは、被造物に支配されてこれに従属することであるから、創造主を冒とくする罪だ」というっ考え方が基本になっている。
⇒臨在感的把握の絶対化に基づく「空気の支配」は「悪」なのである。
 
偶像破壊・影像破棄は、今でもイスラム圏では行われている。
一神教(モノティズム)の世界。「絶対」といえる対象は一神だけだから、他のすべては徹底的に相対化され、全ては、対立概念で把握しなければ罪。
⇒この世界では、空気は発生しえない。発生してもその空気が相対化されてしまう。そしてその相対化のこの根底が残すものは、最終的には契約だけということになる。
 
一方、日本の世界は、一言でいえばアニミズムの世界。
アニマ≒空気
アニミズムとは「空気」主義
日本社会は、常に何らかの命題を絶対化し、その命題を臨在感的に把握し、その「空気」で支配されてきた。
⇒「正しいものは報われる」といったものは絶対であり、この絶対性にだれも疑いを持たず、そうならない社会は悪いと、戦前も戦後も信じ続けていた。そのため、これらの命題まで対立的命題として把握して相対化している世界というものが理解できない。
 
天皇制=偶像的対象への臨在感的把握に基づく感情輸入によって生ずる空気的支配体制。
 
☆☆正直者がバカを見ない世界であってほしい。その考えが絶対ならバカを見た人は不正直な人間なのか。という考え。
ヨブ記」 ヨブという正しい人物が、天災と人災ですべてを失った。その時、三人の友が見舞いに来る。あまりの悲惨さにだれも口がきけず、慰めの言葉も出せず、「七日七より、彼とともに地に座していて、一言も彼に話しかけるものがなかった。」
その中の一人がついに口を開き、「正しい者は必ず報われるのだから、こうなったからには、お前には隠している罪感があるに違いない。この状態から逃れるには、まず素直にそれを認めることが先決だ」という言葉。
=一つの命題(正しいものは報われる)絶対化された場合の恐ろしさ。
⇒一つの命題、たとえば「公害」という命題を絶対化すれば、自分がその命題に支配されてしまうから、公害問題が解決できなくなる。
 
もちろん西洋の社会でも、音楽や祭事については、一種のムードに支配されるということは今でもある。
しかし、彼らが空気の支配を徹底的に排除したのは、多数決による決定だったことである。
 
☆多数決原理の基本は、人間それ自体を対立概念で把握し、各人のうちなる対立という「質」を、「数」という量にして表現するという決定方法に過ぎない
日本には「多数が正しいとはいえない」などという言葉があるが、この言葉自体が、多数決原理への無知からきたものであろう。正否の明言できること、たとえば論証とか証明とかは、元来、多数決原理の対象ではなく、多数決は相対化された命題の決定にだけ使える方法だからである。
 
日本における多数決は「議場・飲み屋・二十方式」とでもいうべき「二空気支配方法」をとり、議場の多数決と飲み屋の多数決を合計したら最も正しい多数決ができるのでは?
 
「水を差す」と「空気」が崩壊する。
⇒「水」は最も具体的な目前の障害を意味し、それを口にすることによって、即座に人々を現実に引き戻すことを意味する。
 
状況論理と空気の違い
状況論理…あの状況ではこうだが、この状況ではああだ。といった、状況を論理的に判断し行動する。
空気…その場の「空気」を基に判断する。
 
西洋は、絶対的な観測の基準(はかり)をもって物事を判断する。⇒非人間的なもの
 
日本人は、人間的なものに基準を求める。⇒人間に同一性を求める。
 
百メートル走をする。人間が動かせない地球基準の長さ100mを正確に計り、同様に人間が動かせない「時間」を極力正確に計ってその結果を平等に記し、この平等によって「個」を公正に表すことが平等であっても、一等二等三等は「差別」になるから、全員同時に到着するよう、それぞれに操作を加えることは平等にならず、逆に不公平になる。
 
日本人…人間はみな平等という臨在感的基準
欧米人…メートル等、観測者がだれであっても明白な基準。
 
☆☆☆孔子は諸侯に考えを説いて行ったが、「君君たらずんば、臣臣たらず」といった関係だった。
→両者の関係は信義誠実を基にすべきことであるといった契約的な意味の誠実さで、これがおそらく「忠」という概念
彼にとっては、この「忠」という概念と、血縁という「孝」とは、あくまで別概念だった。別概念だからこそ、別々の言葉で表現され、この二つを同一視すれば、とんでもない社会を招来してしまう。
→父子ではない会社や組合といった組織にまで父子の倫理を拡大してこれを儒教と呼べば、彼自身が激怒して反論したかも
@☆☆→日本的儒教思想のゆがみ
→30年前の日本は「忠孝一致」で「孝」を組織へと拡大かした状態を「忠」と呼び、「君、君たらずとも臣は臣たれ」を当然とした社会だった。
 
戦後の帝国主義からの脱却。
臨在感的把握の対象を一変させ、それへの回心によって、自己が回心したと思い込んだに過ぎない。
→「民主主義とは、統治の一形態であって、それ自体の中に克服すべき様々な欠陥を含む」ものとして相対化することは到底日本では認められず、「民主」といえばこれは絶対で、しかも日本のそれは世界最高の別格であらねばならなくなる。憲法も同じであり、あらゆる法は常に欠陥をもつから、その運営において絶えず改正を必要とする存在であってはならず、完全無欠であらねばならない。
 
われわれは「水(=現実)を差す自由」を確保しておかないと大変なことになる。
しかし、現実とはわれわれが生きている「通常性」であり、この通常性がまた「空気」醸成の基である。日本の通常性とは、個人の自由という概念を許さない「父と子の隠し合い」の世界。
 
 
☆☆☆☆☆☆
非常に内容も濃く、面白い本だったが幾分言葉が難しい。
また内容も難解である。
日本人の社会にはびこる「空気」の実態を明らかにしようとした本。

シャーデンフロイデ 中野信子 ☆☆☆☆☆☆

 
 
私たちが「人間性」と呼んでいるものの正体は、一体何なのか。
人間性を無条件にいいものと考えているが、実際はどうなのか。
 
…誰かが失敗したときに、思わず沸き起こってしまう喜びの感情。
シャーデンフロイデは「オキシトシン」という物質と深いかかわりがある。
…愛譲歩ホルモン、幸せホルモンと俗に言われ、基本手kには人間に良い影響を与える。
そのオキシトシンが妬みの感情も強めてしまう働きを持つ。
 
オキシトシンは女性ホルモン(エストロゲン)によって増幅される。
オキシトシンの分泌の効果
…血圧を下げる。
心拍が遅くなる。
皮膚、粘膜の血液量が増える。
筋肉の血液量は減少する
コルチゾール(ストレスホルモン)濃度を下げる。
消化吸収がよくなっる。
 
オキシトシンを分泌できないマウス⇒ストレスに極めて弱い。新しい環境に適応することが苦手。
 
オキシトシンは「愛と絆のホルモン」という言葉で表現できる。
オキシトシンを注射したマウスは好奇心旺盛⇒不安を軽減する効果
 
オキシトシンは「愛着を形成する」
⇒人と人とのつながりが切れてしまいそうになるとき、オキシトシンがそれを阻止しようとする行動を促進する。
 
オキシトシンは出産時に一番高まる
 
オキシトシンの働きを阻害する物質を実験動物に注射すると、その個体は子育てに無関心になる。
 
子供は人の事を気遣わない
大人になるにつれて高社会性が高まってくる
⇒高社会性が高まると、合理的な判断は次第にしにくくなってくる。
 ⇒オキシトシンが高社会性を高める。
 
もう一つの絆ホルモンの受容体「アルギニン・パソプレシン・レセプター(AVPR)」
⇒AVPRのとある型をもっていると、男女ともに長期的な人間関係を結ぶのが難しく、パートナーに対し不満度を高める。
 →この型を持つ人は未婚率・離婚率が高くなる
 
なぜ離婚は叩かれる?
動物は「種を残す」ことを目的にする。
一夫一婦では、「自分たちの共同体をを守る」こと、
浮気性の人は「少しでも多くの個体と交わる」ことで
自分の遺伝子を残そうとしている。
 
シャーフロイデの効果によって出る杭は叩かれる。
⇒誰かを叩く行為というのは、本質的にはその集団を守ろうとする行動であり、向社会性が高まった末の帰結かもしれない
 
ソロモンアッシュの実験
⇒サクラの選んだ明らかな誤りに3割の人が同調してしまう。。
 
ドーパミンの分解酵素の活性が高いタイプ 
ドーパミンが残りにくく、意思決定が楽しくない
 
低いタイプ
⇒自分で意思決定することが楽しい。従前のやり方を踏襲することに魅力を感じない。
 
☆☆東アジア人は自分で意思決定することを楽しいと感じるのは3割もいない。
  一方、ヨーロッパでは6割近くが自分で意思決定したいタイプ。
 
高度成長というフィールドでは、集団の絆を深め、逸脱者を排除するという組織だった。→均一で良質な人材を大量生産することができ、経済の発展にもつながった。
⇒しかし、社会構造が変わってきた現在、それが必ずしも理想的ではなくなってきた。⇒高いポテンシャルを持つ人間を均質的でなく育てることが必要。
 
人間の脳はなまけもの、できるだけ考えたくない。
考えたくないが、失敗したくない。
⇒多数派についていくという判断を下す。
 
その集団への愛着が深くなると、他のグループとの溝が深まる
 
かつての日本の宮大工は、作品に自分の名前を残さなかった。
⇒名前を入れることで「出る杭」いけにえになる危険性
 
最後通牒ゲーム
10万円を山分け
Aさんが配分を決める。
Bに配分提示。OKすればその通り配分
Bが受け入れなければどちらももらえない。
 
Aの取り分が7割を超えると拒否権の発動される率が8割を超える。
⇒自分の取り分を犠牲にしてまで他人にもうけさせたくない
 →協調性の高い被験者の方が、拒否率が高かった。
  =フェアであることを求めるため、不正に利益を得ようとしている相手を許すことができない。
 
☆☆⇒協調性が高い人=攻撃的という一見矛盾した結論。
 
義憤にかられ合理的でない判断を下す人は、セロトニンを脳内で合成する部位の、セロトニントランスポーターというたんぱく質の密度が低い。⇒密度が低ければ物事をいい加減にかんがえられない。
セロトニン…不安を感じにくくする物質
日本人は98%が密度が低いタイプ
⇒自分が損をしてでも不公平、ずるに対して一矢報いる。
 
日本人はセロトニンが少ない=不安を抱きやすい
⇒自然災害が多いから?
 
英会話能力が低い=失敗に対する不安が大きい⇒間違えたら恥ずかしい。
 
日本人が不安症心配性であることは当然のことだといえる。
 
ミルグラム実験からわかること。
特定の環境課では、倫理的に正しいと評価を得ている人が、あたかも表演したかのように暴力的になる。
⇒☆☆☆倫理的に正しい人は、自らの置かれている環境を支配する「ルールに従順である」だけ。
 
総括☆☆☆☆☆☆
 
人間性にスポットを当てた本。
科学的な観点から、なぜ嫉妬などの感情や、共同体の中で個人を叩くのかなどを解説した本。
あまりないアプローチからの論の展開であり、非常に興味深かった。

大人はもっと遊びなさい 仕事と人生を変えるオフタイムの過ごし方 成毛眞 ☆☆☆

〇人は遊ぶために生まれてきた。
だからこそ、人はいくつになっても遊びたいのである。
 
〇今若くして余生のような人生を過ごしているのなら、それ以上老け込まないために、成長の余地を自分に設ける必要がある。
→遊びを人生に取り入れる。
 
〇遊んで上達しろ!
遊びでも仕事でも、義務感をもって行動していたら成長のスピードは著しく低下してしまう。
 
 
総括
遊びを生活に取り入れ、幅を広げ、掘り下げていくことで人生はもっと楽しくなるし、ゆくゆくはそれが仕事にもつながってくる、といった本。
根詰めて仕事とか勉強しているときに読んでみると息抜きになるし、視野が広がるかも。

 

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

 

 

fire HD 10にカバーをつけたよ。

アマゾンでこないだ購入したfire HD 10用のカバーを買いました。

やっぱりカバーがあると安心感あるし使いやすくなりますね。

SDカードも64GBのものを買って容量もアップ。

google playを導入してアンドロイドアプリも入れられるようにしたので最強端末となりました。

ほんとにこれがアンダー1万円ちょいで買えちゃっていいのアマゾンさん。。。

f:id:moviebook:20180509232615p:plain

 

f:id:moviebook:20180509232555p:plain

 

 

 

 

 

Kindle Fire タブレット買った

 先月タイムセールで安くなってたので、13980円で購入。

めちゃくちゃ画質良いし、めっちゃヌルヌル動く。

OSがアンドロイドじゃないから拡張性は低いけど、プライムビデオやネットフリックス見たり、ちょっとブラウジングするくらいなら最強といっても過言ではない端末かも。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ)

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ)

 

 

どこでも誰とでも働ける 尾原和啓 ☆☆☆☆☆☆

〇現代の会社と社員の関わり合い方

会社が社員に将来を保証することは、どんどん難しくなってきている。

しかし、会社は人事制度や教育システムを変えることができず、旧来の価値観を若者にすり込もうとしている。
→若者が違和感を感じてきている。

 

〇タイトルの2つの意味
①どんな職場で働いたとしても、周囲から評価される人材になるということ。
②世界中のどこでも、好きな場所にいながら、気のある人とめぐり合って働けるということ。

〇現代は、フラット、リンク、シェアの社会。

会社から一方的に命令されず、もっと生き生きと働くことができる。

 

〇行うべきこと

・自分の知識を他人に提供する。
・本は、たった1000円くらいだが、人生を変えることすらある。素晴らしい投資!

・現代は移り変わりのスピードが速いため、PDCAではなく、DCPAの意識を持つこと。→まず行動をする!

・自分ルールを持つこと。人間はラクをしたがる生き物だから。しっかりとやるべきことを決めておく。

・人生をゲーム化できれば、メンタルは最強になる。

 

〇3種の議事録
①現場の視点からみた議事録本体
②ディレクターの視点から見た会議の演出メモ→会議を仕切ったつもりで
③プロデューサーの視点からみた会議の開催要項

 

〇毎年転職活動をする。
相手の会社がこちらの能力をいくらで買いたいかを提示するのと同じように、こちらも会社が3年後に成長するかどうかを冷静に見極める。お互いに相手の儲ける力をガチで評価して手を組むかどうかを決めるのが、転職活動という場。
→「いつでも辞められる」と思えば、会社でも、周囲の顔色ばかり窺うのでなく、自分の思ったことを大胆に主張できるようになる。

 

〇転職の2つの理由
①目的としての転職…その会社で働くこと自体が目的
②手段としての転職…自分のスキルや能力を高めて次のレベルに行くための手段。
→この会社で自分のスキルや知識、人脈、外向きの肩書を手に入れたいという手段としての転職があってもいい。
→会社に転職するというより、「プロジェクト」に就職する

〇始まりの場所にいる大事さ
ビルゲイツやスティーブジョブスは業界の黎明期にいた。だからずっと偉大なままである。

 

感想

劇的に変わりゆく21世紀の世の中での働き方をまとめた本。

従来までの働き方から離れて、キャリアの築き方を考えていきたい人に非常におススメ。

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 

 

 

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" 赤羽雄二 ☆☆☆☆

 

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える
 

 

〇受け身から攻めの読書スタイルに変える。
本を読むことに対して、きちんと時間を設ける。また、本を読んだ後は、内容を受けて何か行動を起こすことが大事である。
 
〇一定水準まで本を読んだら、行動に変えていく
→インプットからアウトプットへの転換を図っていく。
 
 

〇小説を読むことで、人の気持ちを学ぶことができる。

→映画でも同等のことができるのでは?
 
〇ネットで得る知識の弱点…
ネットで得る知識は、断片的なもの。
体系的にものを学べるのは、やはり本である。
 
〇本を読むこと自体を目的とせず、成長のきっかけとする。
→自分の行動に落とし込むことが必要。
 
〇有効的なアウトプットの方法三選
①本のレビューをするグループを作る。
facebookなどのSNSを使って、読書グループを作る。その中で、自分のレビューを載せる。
 
②講演会をする。
興味のある分野の本を複数読み、その内容をまとめて友人等に話す。といった講演会を行うことで、より効率的に知識を吸収、アウトプットまで行うことができる。
 
③ブログを書く。
読書ブログを作ることで、人に見られることを意識して文章を作ることができる。
長期的に続けることができれば、広告収入なども見込める。
 
 
〇情報収集の方法
グーグルアラートを使用する。
※グーグルアラートとは、任意のキーワードを設定するだけで、そのキーワードを含んだ記事をまとめて送付してくれるサービス。
これから使ってみよう。
 
感想
「攻め」の読書ということで、読書を最大限生かしていくためには、ということを研究している本。
本を読んだら、行動に落とし込むということはできていなかったので、これから徹底して行っていきたい。